本文へスキップ
お気軽にご相談ください(お客様専用ダイヤル)

0120-961-110(受付時間:平日9:00〜17:00)
〒530-0047大阪市北区西天満2-3-6大阪法曹ビル2階
関西・関東・北陸・上信越etc


 
社会保険・年金・生命保険・損害保険・税金・資産運用・住宅ローンetc

M&A 事業継承 MERGERS AND ACQUISITIONS 

M&Aの流れ

物件イメージ01

M&Aは、「Mergers and Acquisitions」の略です。前者が「合併」、後者が「買収」という意味ですので、そのまま直訳すると「企業の合併・買収」となります。

一般に「M&A」という言葉を用いる場合、企業全体の合併・買収(売却)だけでなく、複数の事業のうち一部だけの譲渡(一部事業譲渡)や、資本提携(100%ではない株式の取得・持ち合い)なども含めた、広い意味での「企業提携」のことを総称しています。

「後継者問題」、「経営基盤の強化」、「事業の拡大」などの経営者様の課題解決の実現にM&Aは有効な手段の1つです。

当事者、関係者の皆様が全員、Win-WinとなるM&&Aを一緒に目指しましょう。

物件イメージ02

1.個別面談
   ↓
2.提携仲介契約の締結ヒアリング・現状分析
   ↓
3.企業分析・企業概要書作成
   ↓
4.相手企業の選定・検討
   ↓
5.買収価格等の条件交渉
   ↓
6.基本合意契約の締結
   ↓
7.買収監査
   ↓
8.最終契約の締結・決済
   ↓
9.公表


M&Aのメリットついてと費用

物件イメージ04
  • 1.M&Aにより後継者問題を解決できる
  • 2.相手側企業との協業により、相互に発展するこ  とができる
  • 3.良い会社に譲渡出来れば社員の雇用は保証され  成長機会も増える
  • 4.オーナー社長は個人保証や担保提供から解放さ  れ安心して引退できる。 
  • 5.ケースとして個人保証や担保提供から解放され  たうえで役員等として継続して経営に関わる事  も可能  

多くの仲介会社は『株価算定費用』や『着手金』、『月額報酬』など検討をスタートさせた段階で成否に関わらず一定の初期費用を要求するのが一般的な形態です。
当社では、基本合意契約締結(お相手と基本的な条件面やスケジュール等を合意する)まで一切費用は頂きません。

物件イメージ03

自社で直接M&Aの相手を探せる場合は問題ありませんが、M&Aの仲介サービスを利用する場合には基本、仲介手数料が掛かります。特に中小企業の場合、相手先探しが最も時間と労力の掛かる部分と言えます。

お相手探しや交渉を代わりにして貰えると考えた場合、費用は高額とは言えないかもしれません。

併せて、M&Aを行う場合には、仲介手数料の他に、税金や買収監査を行う税理士や弁護士等の専門家への実費などがかかります。

M&Aは税金や法律に関する知識も必要となります。M&Aのプロのアドバイスを得ることは、費用がかかっても結果としてM&Aを成功させるのに必要経費と言えるのではないでしょうか。


contents

有限会社アイスビィ

〒530-0047
大阪市北区西天満2−3−6
大阪法曹ビル2階
TEL:06-6311-0211
FAX:06-6311-0212

copyright©20XX isbee co.ltd all rights reserved.